このページではJavaScriptを使用しております。

委託管理と自主管理どっちがいい?

Blog

みなさんこんにちは。エートラストの飯沼です。

 

賃貸経営を始めるオーナー様にとって、「賃貸管理」は気になる事柄ではないでしょうか。不動産投資をし、賃貸住宅の運営を行っていくにあたって、物件の価値を保ち、高い入居率で運営していくためにも管理体制がとても大切になります。

 

賃貸管理には大きく分けて2つの方法があります。

 

一つはオーナー様がご自身で管理する自主管理という方法。

もう一つが賃貸管理会社へ委託する方法です。

自主管理は、委託費用がかからず、オーナー様の裁量ですべての管理業務を行えます。それに対し委託管理は、管理の専門家である管理会社に委託でき、家賃督促や苦情対応などの厄介な業務も一任できます。

 

不動産のご所有をする際に、自主管理と委託管理どちらにするべきか迷われる方もいるかと思います。

そこで、今回は賃貸管理会社へ委託する際、どういった業務を委託するのか、仕事の範囲についてお話します。

 

 

  • 家賃管理

入居者から振り込まれる家賃を管理する業務です。家賃は入居者とトラブルになりやすい要素でもあるため、入金状況を把握し適切に管理しなければなりません。もしも家賃滞納が続くようなときは、入居者への督促状の送付や、家に直接出向くなどし、オーナー様の収益維持に努めます。賃料滞納は、連帯保証人への対応や契約解除などが必要になる場合もあり大変な業務です。

 

  • 契約業務

入居時や退去時、更新時に契約書類の作成、契約手続きを行う業務です。

また、契約更新時の更新料の請求や退去後の修繕費用の請求も行います。さらには退去後に行われる入居者募集業務も管理会社の業務の一環です。入居者を募集する際は不動産仲介会社への情報提供や、内見の対応も行います。

 

  • クレーム対応

賃貸管理をしていると、水漏れや電気がつかない、近隣住民との騒音トラブルなど様々なクレームが発生することも有ります。クレームが入ったのにいつまでも解決できないと、入居者が退去する原因になる可能性もあるため迅速に対応しなければなりません。対応を間違えるとさらなるクレームにつながる可能性があり、難しい業務です。

 

  • 室内や設備の修繕

室内の給湯器やエアコンなどの設備が動かないなど故障した場合に対応をします。給湯器やエアコンは生活をするうえで必要不可欠なものですので、故障の連絡があった際は迅速に対応が必要です。

そのほかにも入居者が鍵をなくしたなど、困ったことが起きた場合の対応も行います。

また、入居者が退去した後の原状回復やクリーニングも賃貸管理会社の仕事です。原状回復だけでは入居者が見つからない場合には、クロスの張り替えや設備の交換など、お部屋の価値を落とさないようリフォームを実施します。

 

 

以上のように、賃貸管理の仕事は多岐にわたります。オーナー様1人で管理を行うには大きな労力と負担を要し、全範囲を網羅することは難しいかと思います。

 

その点、賃貸管理会社に委託すれば、これらすべての業務を一任できます。オーナー様ご自身が限られた時間を使って対応にあたったり、管理の勉強をしたりする必要もありません。管理会社には、賃貸経営の専門家がそろっています。各種管理に必要な知識を有する方が対応してくれるので、安心して管理を任せられるでしょう。

 

管理料のことを考えご自身の管理を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、賃貸管理には賃貸借契約の締結から原状回復の工事業者手配まで、専門的な知識が必要な業務も多いため賃貸管理会社に委託するのがおすすめです。

 

一応、補足ですが管理を行う会社によっては、今回例に上げた中の一部のみ行う。という会社も有りますし、それぞれの業務を組み合わせて管理費用を設定している会社も有ります。

どこまでサポートを行ってくれるのかをしっかりと確認した上で契約をしましょう。

 

エートラストでは、随時不動産投資に関するご相談をお受けしております。

方法も電話やメールはもちろん、zoom等を用いたリモートでのご相談や、出張相談も無料です。

※現在お問合せが大変多く、出張相談はお日にちをお待ちいただく場合がございます。ご了承ください。

 

どうぞ、下記のお気軽にお問合せフォームからご連絡ください。