このページではJavaScriptを使用しております。

投資における正解とは何か?

Blog

どうもこんにちは。エートラストの飯沼です。

 

ついにオリンピック開幕まで1週間を切りましたね!

当社は東京の日本橋浜町という所に居を構えていますが、会社の近辺ではボランティアの方でしょうか?

オリンピックのゼッケンを付けた方がいろいろと道路の調査をされていて、いよいよ始まるんだなーと。実感しています。

梅雨も明けて一気に暑い日が続いていますし、今年も猛暑が予想されていますのでみなさん熱中症対策はしっかりと行いましょうね!

 

 

さて、今回は【投資における正解とは何か?】という点にを考えてみたいと思います。

 

当然、投資に対するスタンスは人それぞれですし、投資に何を求めるのか?という点もそれぞれ異なるので一概には言えません。

同じような属性、資産背景の方でもご家族の有無等でも違うことでしょう。

 

 

それこそ、極論を言ってしまえば「元手よりもプラスになればOKで、そのプラスが多ければ多い方が好ましい」という答えになってしまうと思います。

さすがに、それではわざわざ記事にする必要も無いので今回はわたし個人的な考えをお伝え出来れば。と思います。

 

投資に対する考え方としては、1つの視点だけでは見るべきでは無いと考えていますが、当社は不動産投資をメインに取り扱っておりますのでやはり不動産と他の投資の比較という点から考えてみましょう。

 

少々乱暴ではありますが、比較という点では条件を揃えた方がイメージしやすいかと思いますので、現実離れしている点は承知の上ですが、

「1000万円の元手を4%で運用する」という設定で進めさせていただきます。

 

【株で運用した場合】

1000万を株で運用した場合

年利4% → 年間40万

 

【不動産で運用】

1000万を自己資金とし1億円分の区分マンションを購入(9000万融資)した場合

4%で運用 → 年間400万

 

不動産の場合は努力次第で利回りを上げることも可能ですが、単純なCF(キャッシュフロー)だけで考えると株よりはパッと見のインパクトは大きいですよね。

同じ1000万円を投資に使うので有れば、利益の違いはあきらかかと思います。

 

もちろん、実際に投資を行うのであればこのようなザル計算では絶対にダメです!

あくまでも、不動産と他の投資と比較した場合の大きな違いという点でイメージしやすいようにしています。

 

では、今度は同じ不動産でも、「現金一括で購入」した場合と「融資を利用」してレバレッジをかけた場合の違いを例にしてみます。

 

パターン①

1000万現金で中古戸建を購入 実利回り15%

年間CF 150万円

 

パターン②

1000万を自己資金とし1億円分のマンションを購入 実利回り4% 15年融資(金利2.5)

年間CF 150万円

 

15年後の残り資産

パターン①の場碧

 トータル2250万円の家賃と約700万円の土地が残る

 

パターン②の場合

 トータル2250万円の家賃と約8000万円の物件が手に入る。

 

どちらも、修繕や空室期間、固都税などは考慮せずに単純な考え方としてとらえてください。

 

年間のCFはどちらも同じ150万円ですが、長期で見てみると大きな差がついているのが分かるかと思います。

 

これが大きなレバレッジかけられる不動産投資の強みです。

同じ元手、同じ不動産投資でも時間が経過すれば結果も大きく変わってきますよね。

やはり、基本的には不動産投資に関しては長期戦がメインとなります。

(短期でキャピタルを狙う方法も有りますが、知識だけでは無く様々な努力が必要になってしまいます。)

 

ここまでの説明だと、やはり……「所詮不動産屋のブログ。ただの不動産投資ゴリ押しブログじゃないか!」となってしまうかもしれません。

ですが、このブログでも繰り返しお伝えしている通り、投資は基本的に分散させるのが鉄則です。

 

わたし自身も不動産以外に株、投資信託にも投資はしています。

一応暗号通貨も少しは手を出していますが……。本当におまけ程度ですね。

 

さて、本題に戻りましょう。

「投資における正解とは何か?」という点です。

 

わたしの導き出した答えは……

 

ずばり!  ≪ 人それぞれ ≫  です……。

 

今現在のご年齢にも大きく左右されますが、強いて言うならば

ハイリスクハイリターンな株等の運用を20~30%程度

ローリスクローリターンな不動産での運用を70~80%程度 というのがベストだと考えています。

 

当社は宅建業者ですし、投資用不動産をメインに扱っていますのでここは

「不動産投資こそ正解!唯一の正義です!!」

と言いたい所ではあります笑

 

ですが、実際には冒頭でも触れた通り、ご自身が

「なぜ投資をするのか」

「何が目的(ゴールはどこ)なのか」

「いつまでに、どの程度資産を増やしたいのか」

「その為にどのくらいの時間(労力)を費やせるのか」

などなど。条件は多岐にわたります。

 

 

仮に、全く同じ条件の方だったとしても正解は1つではありません。

特に時間が経過すれば資産背景も変わってくるはずです。

条件が変わった際には必ず見直しが必要になってくることでしょう。

今回は「株」と一括りにしてしまいましたが、その種類も多岐にわたりますし国債や外貨等、他にも投資はいろいろと有ります。

だからこそ、わたしは共に人生に寄り添ってサポートしてくれる。

そんなアドバイザーを探す事が最も有効な手段だと考えています。

 

 

ご自身で投資に時間や労力を割ける方は日々勉強を続け、株にしろ不動産にしろ少しでも利益を得る工夫をし続ける必要があると思います。

逆に「本業がお忙しい」「そこまで大きな利益を得たいのではない」など、少ない労力で運用をお考えの方は出来る限りアウトソージングするべきです。

 

当社エートラストはお客様と長期に渡って寄り添える会社でありたいと考えています。

お客様と直接お話しをさせていただくのは営業の人間かもしれません。ですが、営業以外の事務方の社員も含めてすべての従業員が一丸となって、お客様のこの先の未来が豊かで安心できるようにしていきたい。

そう考えています。

 

不動産に限らず、資産運用をお考えの方は、ぜひいちど当社にご相談なさってくださいね。